HOME>注目記事>空き家のままでは住宅が傷んでしまう心配がある
住宅模型

空き家で済ます心配がなくなる

社会環境の変化から転勤を拒む人も出て来る時代になり、転勤族と言う言葉も聞かなくなって来ました。ですが大手と言われる全国規模の企業や県内にくまなく支店のある店舗などでは、転勤があるのも当然のことにもなっているのでしょう。ですがこの転勤で困ることになるのが、残された住宅をどうするのかと言うことです。そのまま放っておくと傷みが増してしまい住宅の寿命を縮めてしまうことになりかねません。そのため残された住宅を賃貸物件として貸し出しケースが多くなっており、この貸し出しことをリロケーションと呼ぶようになって来ました。リロケーションが進むようになったことは、借地法の改正で定期借家権が導入されたことで、期限をもって貸し出しことが可能になったことでした。

住宅に対する全ての対応が可能

リロケーションを利用して住宅を貸し出し人が多くなっていますが、入居者募集から家賃の集金、更には住宅の修理などいろいろな対応が必要にもなって来ます。貸主が遠くにいる場合非常に面倒なことになりかねず、このような面倒さを避ける方法として賃貸管理会社を利用するケースが多くなりました。大家さんである貸主が行う全てのことを代行する役目になり、貸主は住宅トラブルに巻き込まれる心配がなくなる便さが生じることになります。

借り手の心配がないメリット

住宅を貸し出し時一番心配なことが、借り手がいるのかと言うことです。賃貸管理会社を運営する多くは不動産業を営むことが多く、集客の心配はいらないと言って良いでしょう。周辺事情に詳しいことから、家賃等においても標準的な価格に納めることにもなり、安心して任すことが出来ることになります。リロケーションした住宅に対し、家賃保証と言う方法や空き室保証と言う方法もあり、貸主である大家さんとの取り決めも可能となる場合が多くなっています。

広告募集中