保証人がいなくても入居することができる

住宅模型

家賃債務保証とは、賃貸物件を借りる時に、保証人を用意することができない人のためにある仕組みの一つです。家賃債務保証を専門的に行っている会社があり、その会社がオーナーと契約をし、入居者の家賃保証をする仕組みです。従来保証人がいなければ入居できなかったところ、家賃債務保証会社を使うことで入居できるようになりました。これによってメリットを得ることができるのは、身内のいない人や外国人です。特に最近は高齢者が増えてきているだけでなく外国人も増えてきていますので、これらの人が賃貸住宅を借りる場合にメリットがあるといえるでしょう。当然ながら、審査をする必要がありますので、審査基準に適合していなければ入居することはできません。しかし適合していれば安心して入居することが可能になります。

その仕組みを明らかにする

相談

家賃債務保証会社は、いったいどのような仕組みに基づいて設けているのでしょうか。家賃保証債務会社は、入居者の保証人の代わりとなり最後まで保証してくれる仕組みになっています。具体的にどのような内容を保証してくれるかと言えば、最初に入居する部分もそうですが、それ以降に関しては借り主が家賃を支払うことができない場合も保証してくれます。なんらかの理由で家賃を支払うことができない場合は、家賃債務保証会社が肩代わりをしてオーナーに家賃を支払ってくれる仕組みです。これにより、オーナーとしても非常にメリットが感じられるでしょう。当然ながら、肩代わりをした代わりに借り主に対してお金を請求する仕組みになっているのが特徴です。

ある程度柔軟に対応してくれる

間取り図

これから家賃債務保証会社を利用する場合には、様々なサービスを受けることができます。サービスの一つとしては、審査基準をある程度オーナーに合わせてくれることです。会社によっても異なりますが、オーナーの方で審査を厳しくしてほしいといえば審査を厳しくしてくれるでしょう。例えば、賃貸物件に入時の審査内容として重要なのは、家賃に対してどれだけ収入があるかという点です。一般的には、1年間に支払う家賃を合計した額よりも、年収の方が3倍以上高ければよいとされています。1年間の年収が300万円だった場合は、家賃の合計額が100万円に収まることが重要です。これが比較的緩い基準の一つになります。もし、厳しい基準の方がよいとすれば、1年間で合計した賃料の、4倍の年収を必要とすることもできます。厳しい条件になりますが、このような条件でも対応してくれるでしょう。もちろんあまり厳しくし過ぎると、入居者がいなくなってしまうためほどほどにしておく必要があります。

広告募集中